本気で本物に向き合う。
豆をまんなかにして進む、
かね善だからできることを。

ほんとうに求められている豊かな社会を実現するために、
消費者と生産者をつなぐ企業の役割は、ますます重要になっています。
古からつづく食の慣習が失われつつある今、
そして食料の自給率アップが叫ばれる今、
そんないまにあって大切なのは、食に携わる企業のすべてが、
ともに豊かになれる仕組みづくり。
それは価格のみに意識を走らせるのではなく、
自然,環境,健康,食そのものの喜びを
感じられる社会を再構築すること。

消費者と生産者、原料を提供する企業の
三者が繁栄を享受すること。
私たちかね善が、食品総合商社として
食に全方位で向き合いサービスの機能を強化する源泉も、
まさにそこにあります。

本気で本物を考えること、
それがこの国の明日を拓くのです

▲TOPへ戻る